そもそも「婚活」って何だろう……

記事更新日時:2015-08-13 15:28:12

「婚活」って何なんだろう、ってときどき思うことがあります。まずはとにかく「出会い」だと思いますが、たとえば飲み会で男性に「婚活中です!」なんて言ったら、絶対に引かれますよね。彼女が欲しい男性は多いと思いますが、「婚活中です!」という女性とは付き合いたくないって言われたら、「そうだろうな……」って思っちゃいます。

婚活といったら「自分磨き」という女性も多いことでしょう。エステに通ったり、資格を取るためにスクールに通ったり、エイジングケアに精を出したり。でも、これもまた陰の努力ですよね。面と向かって「エステに通って自分磨きしてます!」と言って、「いいね!」と返してくれる男性に会ったことがありません。

結局、「婚活」って陰の努力なんだと思います。男性に「婚活してます!」ってアピールしても、いいことなし……。でも一人で孤独に婚活して、失敗して落ち込むのはキツイ……。そんなとき、女友達同士でゲラゲラ笑いながら話すときに便利な言葉が「婚活」なのかなって、思ったりしてみました。

おすすめサイト

趣味を持ってる人がいい

記事更新日時:2015-05-29 15:07:22

社会人になってからの趣味って履歴書に書くような「読書」「音楽鑑賞」「映画鑑賞」「スポーツ」なんて感じになってしまうと思うんですが、何か趣味を持ってる人じゃないと長くお付き合いするのは難しいかなって思います。

かなり先の話になってしまいますが、親戚の旦那さんが定年退職された奥さんが『今まで仕事でずっと家に居なかったんだけど、ずっと家に居る様になったらする事が無くて、私が外出する時についてくるって言ったりするからお友達と会いにくくなった』とおっしゃってたんです。

確かに男性は働いている間は仕事が忙しくて趣味を見つける暇も無いかもしれませんが、全く趣味の時間が取れない程働くというのも、時間を作るのが下手なだけなのでは?と思えてしまったり。それに趣味が無いと話題にも困りそうです。

自分と同じ趣味を持ってくれる人だったりすれば良いかもしれませんが、やっぱり少しは男性らしい趣味とかを持っていて、その話を楽しそうにしてくれるとかに憧れますよね。長く仲良く付き合っていくには、互いに知らない事を教え合っていける方がきっと楽しいと思いますし。

でも趣味が車とかであんまりお金をかけすぎちゃう人だと、結婚後のお財布事情がちょっと厳しいかなぁ?何事もほどほどが大事ですよね。あ、でも趣味でお金が稼げちゃう様な器用な人だったらいいのかも?

相手のことをよく知ること

記事更新日時:2015-03-20 09:14:19

30代を超えると、途端に結婚するのが難しくなると聞いたことがあります。

幸いにも、まだそのラインは超えていませんが、そろそろ本格的に結婚相手の目処を立てなければなと、焦っています。

そのためには、まず、沢山の男性と交友関係を築くのが大事だと思います。

結婚することを優先していると、条件のいい男性が一人いただけで、その人につい焦点を当ててしまいがちです。しかし、本当に自分とあったパートナーを探すためには、広くお付き合いをして、ひとりひとりの人柄を見極めるべきなんですよね。

私が結婚したいのは、優しく誠実で、自分を引っ張っていってくれるような力強い人です。それは何回か会っただけで、すぐに判断できるようなことじゃないと思いますし、そうした人はすぐには見つからないかもしれません。

ですが、年収とか容姿とか、目に見えるものだけに囚われて、相手の内面を知ることを忘れてしまったら、そもそも結婚する意味がなくなってしまいます。

まずは男女関係を抜きにして、相手と対等に付き合ってみるように努力してみたいと思います。

優しければOK

記事更新日時:2014-07-26 08:23:45

アラサーともなれば、これまで何人かお付き合いしてきた人がいます。

結婚したいなと思う人もいましたが、すれ違い等で別れてしまい今に至ります。

最近周りの友達も結婚を決めていき、私も本格的に結婚願望が出てきました。

若い頃は、年収がいくら以上あって、身長が私より10㎝以上高くて、面白い人など、理想の相手像というものがありましたが、今は優しさがあればOKと思うようになってきました。

どんなにイケメンでも、どんなに年収が高くても、「冷たい人だな」と感じたら、私の気持ちもサーッと引いてしまうのです。

優しいというのは私にだけ優しいのではなく、両親や兄弟、友人、近所の子供達、とにかくみんなに優しい人がいいのです。

そんな人は苦労するよと友達にも言われましたが、あったかくて優しい人は一緒にいるだけで安心感があります。

私が求める結婚とは、安らぎと安心感です。野心が強くて上昇志向が強い人に憧れる人も多いですが、私は平凡に幸せに暮らしていきたい、今はそんな相手を一所懸命探してます。

主体性のない男性はちょっとだめかな

記事更新日時:2014-07-07 20:11:54

この年になると、男を見る目だけはやけに養われてしまって、男性の嫌な部分が目につくようになりました。だから、ますます結婚にも縁遠くなってしまうのかもしれません。

私が嫌だなって思うのは、主体性のない男性です。よくいますよね、「なんでもいいよ」とか「君が好きなようにしていいよ」なんて男。一見すると、すごく優しい人のようにも見えますが、私にはタダのめんどくさがり屋のように見えてしまうのです。

主体性がなく、何一つ自分では決められない男性は、小さい頃から何でもママにやってもらってたのかななんて思ってしまうのです。つまりマザコン男というわけです。結婚相手には一番ふさわしくないタイプです。

結婚する相手には、やはり女性を引っ張っていくような力強さが欲しいです。いつも私の前を歩き、道しるべになってくれるような方が理想です。

ママの顔色ばかり伺っているような男性だけは、嫌ですね。こんな風にいつもダメンズのことばかり話していますが、それだから結婚できないのかもしれません。誰か私をもらって!

男ってやっぱり顔だけじゃないよね

記事更新日時:2014-05-17 21:20:32

なかなか結婚出来ず、少々焦ってるアラサー女子です。

これまで恋人がいなかった訳ではありません。20代前半の頃はよく声もかけられたりしてモテていた方だと思います。

でも結局周りで残ってる子と言えば、私を含めた数人だけ。みんな結婚相手として相応しい人を探し、堅実な結婚をしていきました。

たぶん私はこれまでいろいろと注文が多かったのだと思います。年収とか勤め先とか学歴とか身長とか、とにかく全ていおいてパーフェクトな人を求め続けてました。

また私が絶対に外せなかった条件がイケメンであるという事です。私も容姿に自信が無いという訳ではなく、そんな私に相応しいのは、それなりの容姿をした男性でなければと勝手に思い込んでいたのです。

イケメン数人と付き合いました。付き合った当初は幸せでしたけれど、結局相手は途中で遊んだり、浮気したり、将来の事をきちんと考えてくれなかったりで、結婚には程遠い人ばかりでした。

今までの経験から、男は顔じゃないと最近気づきました。安心して家庭を築いていくには、信頼出来て、安心感を感じさせてくれる頼りがいのある男性が良いと思ってます。

年収ってやっぱり大事?

記事更新日時:2014-04-22 22:19:06

周りから聞く結婚のシビアな話があります。それはお金です。自分の理想の相手として性格、相性などフィーリングが合うことが一番大事と信じています。ところが結婚している友達の話を聞くと旦那さんの年収は高い方が絶対良いという意見が多数を占めます。

これから二人が一緒に歩んでいく道で最初に出てくる問題が住まいの問題です。一生、賃貸か持ち家かの差はアラサーにとっては大きな問題です。あとは子供の教育費の問題も出てきます。お金のことを考えると無いよりもあった方が良いです。

ところが全員とは言えませんが年収が高いと結婚後、遊ぶお金があるため心配は尽きません。一生、共稼ぎで常にお金の心配をするか、また年収が高くて夫の浮気の心配をするか究極の選択です。相手がいないのに心配し過ぎですね。

年収は大事ですが、やはり性格が合うことを第一条件です。やっぱりこれは譲れません。アラサーになって世の中が見えた分、後悔しない婚活をしたい今日、この頃です。

アラサー!!

  • 趣味:婚活!!!
BACK TO TOP